MENU

美智子さまが”意地悪ばあさん”と言われるワケ!姑イビリ説あり?

美智子さまが”意地悪ばあさん”と言われるワケ!姑イビリ説あり?

皇室の美智子さまと雅子さまの間に不仲の噂があることは、多くの人が気になっているテーマです。

特に、雅子さまに対してのいじめがあったのか、美智子さまが「意地悪ばあさん」と呼ばれる理由は何なのか、具体的な事件を通じて真相を探ります。

この記事では、靴隠し事件や公務をスキップするなどの具体例を挙げ、宮内庁の見解も踏まえながら、事実をお伝えしていきましょう。

雅子さまと美智子さまの関係について、真実を知りたい方はぜひ最後までお読みください。

雅子さまの人格を否定するような動きの具体例
皇太子さまの人格否定発言とは?
美智子さまは本当に意地悪なの?

目次

美智子さまが意地悪ばあさんと評判されるワケ!その1
「人格を否定するような動き」具体例~靴隠しのイタズラ事件

靴隠しだなんて子どものいたずらみたいね

確かにそうですね。

でも、雅子さまにとっては嫌な思いをされたのではないでしょうか?

雅子さまが皇室に入られて3年程たったころに御所でパーティーが開かれました。

その前にお茶を飲むためにみんなで靴を脱いで和室に上がったのだそうですが、部屋を移動するときに何故か雅子さまの靴がなくなっていたそうです。

皆が困っていると美智子さまが、「靴がないのなら見つかるまでスリッパを掃いておきなさい」とおっしゃったそうです。

それはちょっと可哀想ですよね

後に靴は玄関から見つかり、その靴を移動した女官が美智子さまの指示だったと言ったという言う出来事があったという話です。

美智子さまが意地悪ばあさんと評判されるワケ!その2
「人格を否定するような動き」具体例~晩餐会で雅子さまの紹介をスルー

2003年10月にメキシコ大統領を迎えた宮中晩餐の前席で、陛下が雅子さまの紹介をスルーしてしまったという話があります。

国賓をお迎えした皇族紹介で雅子さまの順番を抜かし、紀子さまの紹介をされたのです。

それは雅子さまショックが強いのではないですか?

そうですよね。

そのことが雅子さまの長きにわたる体調不良のきっかけになったと言われています。

宮内庁は

国賓御夫妻への皇族方の御紹介及びそれに続く行事は,毎回全く同じ段取りで取り進められており,その第一段階で,秋篠宮殿下以下全員の皇族が見守られる中で,天皇陛下が,皇太子妃殿下を賓客に御紹介になることなく,秋篠宮殿下を御紹介になるというようなことは到底起こり得ません。

宮内庁HP

と反論しています。さらに

当時皇太子妃殿下の次に控えておられた秋篠宮殿下に伺ったところ,自分(殿下)は,行事などの際に,何か手順通りに進められなかった場合は,直ちに気が付く方だし,また,再発を防ぐためにもかなりの長きにわたりそれを記憶しているつもりだが,これまで国賓をお迎えした際の陛下の皇族御紹介で何か手順と異なることを陛下がなさったという記憶は全くなく,皇太子妃殿下を飛ばして自分が紹介されたということは決してないと思う。また,万一にも自分が先に紹介されそうになったら,自分は必ずその場で陛下に申し上げ,皇太子妃殿下の紹介が先になるように取り計らったと思うとの御返事を頂きました。

宮内庁HP

とも述べています。

しかし、あとになってわかったことですが、この時その場に秋篠宮殿下がいらっしゃらなかったことがわかりました。

なんとも不可解な事柄ですが、そのことも美智子さまの差金だったのではないかという話があるそうです。

美智子さまが意地悪ばあさんと評判されるワケ!その3
妊活優先のための公務の制限と男子出産を強要

1996年。ご成婚されてから3年後、雅子さまが海外メディアで「籠の中の鳥」と揶揄されました

どういうことなの?

雅子さまの妊活のため公務が制限されてしまったんです。

雅子さまはご成婚前は外務省に勤められ、外交などの手腕を発揮されることもとても期待されていました。

雅子さまはそういう場所で仕事をされていたので、皇室の閉鎖的な状況が合わなかったようです。

雅子さまはハーバード大学、東大、外交官という華々しい世界を歩まれてきましたが、突然、皇室に入られた。そこで人権が侵害されている状況を目の当たりにするわけで、雅子さまは、『一体、どうなっているの?』と強い疑問を抱かれたのです。

文春オンライン

皇室を改革したいという思いもあったようですが、、美智子さまは皇室に慣れてほしくて皇室のやり方、あり方を厳しく指導されたようです。

一説によると、雅子さまの才能を目の当たりにして、美智子さまが嫉妬されていたという話もあります。

御結婚されると宮内庁や国民たちからもお子様の誕生に関心が行きます。

ご成婚5年目からは、宮内庁が積極的に妊活に介入してきます

ここから不妊治療が始まったのね

そうですね。

自然の形での妊娠を望んでいたお二人でしたが、不妊治療に同意されました。

愛子さまを授かるまで8年間、その間に流産も経験され雅子さまにとってかなりお辛い期間だったと思います。

2001年12月1日に雅子さまは愛子さまを出産されました。 

「無事に出産できましたときには、ほっといたしますと同時に、初めて私の胸元に連れてこられる生まれたての子どもの姿を見て、本当に生まれてきてありがとうという気持ちで、いっぱいになりました」

FRAU

無事に子どもが生まれてよかったわね

いえいえ…

ある意味雅子さまの闘いはここから始まりました

この年の宮様御誕生からもっとつらいプレッシャーを受けるようになったのです

それは、雅子さまの男児誕生です

日本の皇室では女性天皇は認められていません

男系男子が天皇になれるのです

愛子さまをご出産されてから日を置かず、雅子さまには「2人目のご出産」の相談が持ち掛けられている。男子の出産を迫られる状況は少しも変わらなかったのだ。むしろそのプレッシャーは増していった。

文春オンライン

人権も何もないわね

本当にそうですね。

しかも、そのプレッシャーに精神的に追い詰められた雅子さまは「帯状疱疹」で入院されました。

この病気はストレスが原因で発症されると言われています。

さらに、追い打ちをかけるように当時の湯浅利夫宮内庁長官が定例会見で

「秋篠宮さまのお考えはあると思うが、皇室の繁栄を考えると、3人目を強く希望したい」

と発言したのです

えええ?その発言はひどいわね

雅子さまにはこれ以上期待しないというようにも取れる発言に雅子さまはとても傷つかれたそうです。

ただ、このような発言の裏には当時の天皇皇后両陛下の強い思いがあったのだと言われています。

このような出来事を踏まえ、当時の皇太子様が「人格否定発言」をされたのは2004年5月のことでした。

「雅子にはこの10年、自分を一生懸命、皇室の環境に適応させようと思いつつ努力してきましたが、そのことで疲れ切ってしまっているように見えます。雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」

この突然の発言は当時の天皇陛下にも相談がなかったため波紋を呼び、徳仁の乱とも呼ばれています。

この発言に対して皇太子に対するバッシングもあったようですが、事の重大さを悟った宮内庁は雅子さまに専門医の治療を受けさせることにしたのです。

その結果「適応障害」という診断が下されました。

この時皇太子さまの発言がなければ雅子さまの苦しみは理解されなかったのね

美智子さまが意地悪ばあさんと評判されるワケ!その4
里帰り禁止令

雅子さまに里帰り禁止令が出ていたのは本当?

本当かどうかわかりませんが、ご成婚2ケ月後雅子さまはが里帰りされ、その次は愛子さまが生まれてからでした。

つまり9年経ってから里帰りされたのです。

美智子さまはかなりの頻度で里帰りされていました。

事実、前述のとおり不妊治療のためと公務も制限されていたので禁止令の話も信憑性がありますね。

美智子さまが意地悪ばあさんと評判されるワケ!その5 
御養蚕納の儀の蚕の世話禁止令

御養蚕納ってなに?

「古くは日本書紀に皇室と養蚕の関係をうかがわせる記述があります。現在の皇室による養蚕は、明治天皇の皇后・昭憲皇太后が始めました。『皇后の仕事』であり、美智子さまの次は、雅子さまに引き継がれるものと考えられていました。その日、雅子さまは蚕に桑の葉を与えたり、繭の収穫作業の作法について、美智子さまから直接説明を受けられたそうです」(皇室記者)

NEWSポストセブン

明治天皇の皇后・昭憲皇太后が産業の発展にもとはじめられた養蚕

代々皇后さまが受け継がれ、次は雅子さまの順番です

しかし、

国策として絹や生糸の輸出が奨励された時代の昭憲皇太后、貞明皇后、香淳皇后、そして美智子さまへと受け継がれた伝統の一方、これまで秋篠宮妃紀子さまや眞子さまが御養蚕所に足を運ばれたことがあったが、雅子さまは今回が初めての訪問だった。

NEWSポストセブン

という報道がありました。

雅子さまが訪問されたのは2020年5月1日が初めてです。

しかし、その前は紀子さまや眞子さんは来られたことがあったのです。

雅子さまは虫がお嫌いなのか、美智子さまが来させないようにしたのか、この時も噂が飛び交いました。

雅子さまが皇后になった時にはこの養蚕の儀を引き継がなくてはならないので、それまでは足を運ばれるのを読められたのではないか?とも言われています。

美智子さまが意地悪ばあさんと評判されるワケ!その6 
上皇夫婦の引っ越し手伝いの拒否

令和になり上皇ご夫妻が引っ越しされることになりました。

その時にお住まいになっていた吹上仙洞御所のお荷物の荷物がとても多く美智子さまお一人ではなかなか整理できなかったようです。

思い入れも強く、一つ一つの品を吟味されるのでとても時間がかかっていたそうです

そんな時に雅子さまが荷物の整理のお手伝いを申し出られました

皇室ゆかりの品々なので職員には手が出せず困っていたのを見かねての行動でした

しかし美智子さまは

こんなことに皇后陛下の手を煩わせるわけにはいかない

と雅子さまの申し出を強い口調で断られたそうです

結局、2020年3月に仙洞仮御所(港区高輪)へのご移居を経て、2022年4月、旧赤坂御所である仙洞御所にご入居になりました

引っ越しまで準備も含めて3年かかってしまいました

まとめ|美智子さまと雅子さまの関係性の真実

ここまでの内容を以下の表にまとめて、美智子さまと雅子さまの間に言われている不仲の噂について整理しました。

出来事詳細説明出典や反論
靴隠し事件雅子さまの靴がパーティーの際になくなり、美智子さまがスリッパを勧めた事件。宮内庁への反論未記載
晩餐会での紹介スルー2003年、メキシコ大統領訪問時、雅子さまの紹介を飛ばし紀子さまを先に紹介した。宮内庁の公式見解
妊活と公務の制限妊活を優先するために公務が制限され、男子出産への圧力もあった。文春オンラインの記事
里帰り禁止令結婚後、長期間雅子さまの里帰りが制限されていた。裏付ける具体的な公的資料なし
御養蚕納の儀の参加制限雅子さまが養蚕儀式に参加しなかったことについて、美智子さまから制限があったとの噂。NEWSポストセブン

これらの情報を通じて、皇室の内部事情や公的な行事での対応がどのように報じられ、どのように宮内庁から反論されているかが見て取れます。

各事件ごとにメディア報道と宮内庁の反論があり、その中で真実を見極めるのは簡単ではありませんね。

美智子さまも民間から嫁いで来られて大変なご苦労をされたと思います。

実際におっしゃったことや、起こった出来事などで事実もあると思いますが想像にすぎません

現在美智子さまはご自分に対するバッシングの報道に心を痛めていらっしゃると聞きます。

皇室という閉鎖された空間でどういうことがあったのかは実際わかりかねることはあります。

ただ想像するに、人権侵害も当たり前のようなことが起こり得ている気がします

そこを改革したかった雅子さま。

皇后陛下になられた今、次の世代に開かれた皇室を作られていくように希望します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次