14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108

田淵貴大

大阪府立成人病センターがん予防情報センター 疫学予防課 課長補佐 医師 博士(医学)

岡山大学医学部卒業、血液内科の臨床に従事した後、大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。専門は公衆衛生学。現在、タバコ対策および健康格差の研究に主に従事。

タバコ対策は、日本において取り組むべき健康医療政策のなかでも、優先順位が第1位に位置づけられるものです。なぜなら、日本人が命を落とす原因の第1位がタバコだからです。また、タバコの煙は喫煙者本人だけでなく、タバコを吸わない周囲の人々の健康にも悪影響を及ぼします。健康を守る立場から受動喫煙の防止に取り組むことが必要です。

また、日本における健康増進計画「健康日本21(第二次)」は、「健康格差の縮小」を目標としていますが、現状の分析も十分ではありません。地域や社会経済状況に応じた健康格差をみえる化する研究に取り組んでいます。ちなみに健康格差には喫煙状況も深く関わっています。

主な論文
1. Tabuchi T, Fujiwara T, Nakayama T, et al. Maternal and paternal indoor or outdoor smoking and the risk of asthma in their children: A nationwide prospective birth cohort study. Drug Alcohol Depend 2015;
147C: 103-8.
2. Tabuchi T, Ito Y, Ioka A, Nakayama T, Miyashiro I, Tsukuma H.
Tobacco smoking and the risk of subsequent primary cancer among cancer
survivors: a retrospective cohort study. Ann Oncol 2013; 24(10):
2699-704.
3. 田淵貴大, 中山富雄, 津熊秀明. 日本におけるがん検診受診率格差~医療保険のインパクト~. 日本医事新報 2012; 4605: 84-8.

aaa 55フォロワー

このユーザをブロックする

aaa 55フォロワー

このユーザをブロックする

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です