144480407963beb0a7ccf4c14ca2d2ca53c78dc784

越智 真奈美

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 自殺総合対策推進センター研究員

お産や産後ケアの経験から、子育て世代をとりまく環境が、親子の関係をどのように変え、またその子どもの健康・発達をどう促すかに関心をもち、日々研究しています。
コミュニティを支える立場の方々と連携して、子どもの健康格差の予防に役立つサービスと、研究の有効なサイクルづくりに貢献したいと思っています。

主な論文
1. Ochi M, Fujiwara T, Mizuki R, Kawakami N, World Mental Health Japan Survey Group: Association of socioeconomic status in childhood with major depression and generalized anxiety disorder: results from the World Mental Health Japan survey 2002-2006. : BMC Public Health; 2014; 14(1):359
2. Fujiwara T, Ochi M, Osawa M: Association of temperament and social behavior with oxytocin levels among toddlers. Paediatrics and Health 2014; Volume 2: Article 2
3. Ochi M, Fujiwara T. The impacts of early paternal involvement of childcare on later child behavioral problems. European congress of epidemiology 2015 (Maastricht): abstract book. 2015:597

aaa 17フォロワー

このユーザをブロックする

執筆書籍

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です