1435675097555f1e227c312358b7e68aa871d84c1d

菊池宏幸

東京医科大学公衆衛生学分野 講師

東京医科大学公衆衛生学分野 講師

現在は、身体活動分野の疫学研究を専門とし、特に「高齢者の座りすぎとその弊害」について、研究をしています。

近年は、テレビ、パソコンなど、仕事も生活も座る機会はどんどん増えています。この時間が長くなって、「座りすぎ」る生活を送ると、健康に様々な悪影響があります。最初は、私も「そんなの当たり前だろう」と思っていたのですが・・・興味深かったのは、運動を適度に行っている人でも、同じく座りすぎると健康に悪影響がある。つまり、座りすぎは、「運動して帳消し」にならないということです。

運動(身体活動)が健康に良いのはもちろんですが、座りすぎない生活でも、同様に健康に良い。このことを研究で証明し、座りすぎの害を日本で減らすために、研究を行っています。

主な論文
1.Kikuchi H, Inoue S, Sugiyama T, Owen N, Oka K, Nakaya T, Shimomitsu T.
Distinct associations of different sedentary behaviors with health-related attributes among older adults.
Prev Med. 2014 Oct;67:335-9.
2.Kikuchi H, Inoue S, Sugiyama T, Owen N, Oka K, Shimomitsu
Correlates of prolonged television viewing time in older Japanese men and women.
BMC Public Health. 2013 Mar 9;13:213.

aaa 24フォロワー

このユーザをブロックする

aaa 24フォロワー

このユーザをブロックする

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です