usericon_noimage

谷 友香子

東京大学大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 特任研究員 薬剤師 臨床検査技師 博士(薬学)

食環境および食行動が及ぼす健康影響や、小児期の生活レベルが将来の健康に及ぼす影響、魚を食べると体にいいといわれているオメガ3脂肪酸の作用機構(マウスの研究)の研究しています。
主な論文
1.Tani Y, Asakura K, Sasaki S, et al. Higher proportion of total and fat energy intake during the morning may reduce absolute intake of energy within the day: an observational study in free-living Japanese adults. Appetite, (2015) (in press)
2.Tani Y, Asakura K, Sasaki S, et al. The influence of season and air temperature on water intake by food groups in a sample of free-living Japanese adults. Eur J Clin Nutr, (2015) [Epub ahead of print]
3.Tani Y, Isobe Y, Imoto Y, et al. Eosinophils control the resolution of inflammation and draining lymph node hypertrophy through the proresolving mediators and CXCL13 pathway in mice. The FASEB Journal, vol.28, 4036-4043 (2014)
4.谷 友香子,近藤 克則,近藤 尚己. 日本人高齢者の孤食と食行動およびBody Mass Indexとの関連:JAGES(日本老年学的評価研究)の分析結果.厚生の指標 Journal of Health and Welfare Statics, (in press)

aaa 36フォロワー

このユーザをブロックする

aaa 36フォロワー

このユーザをブロックする

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です