142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

人々のつながりや地域の文化・風土が健康に及ぼす影響について研究しています。

特に、様々な側面で機能が衰える高齢期に、これらの社会的な要因が「何に(どういう機能や健康状態に対して)」、「どう(良い影響か悪い影響か)」作用するかを、同一対象者を長年に亘って調査した疫学データを用いて調べています。

また、非専門家である健康ボランティア(例:健康推進員、保健推進員、食生活改善推進員)が地域で行う健康支援方法やその効果についても研究しています。


主な論文
1. Murayama H, Nofuji Y, Matsuo E, Nishi M, Taniguchi Y, Fujiwara Y, Shinkai S. Are neighborhood bonding and bridging social capital protective against depressive mood in old age? a multilevel analysis in Japan. Social Science & Medicine 2015; 124: 171-179.
2. Murayama H, Bennett JM, Shaw BA, Liang J, Krause N, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S. Does social support buffer the effect of financial strain on the trajectory of smoking in older Japanese? a 19-year longitudinal study. Journal of Gerontology: Psychological Sciences & Social Sciences. (in press) DOI:10.1093/geronb/gbt103
3. Murayama H, Liang J, Bennett JM, Shaw BA, Botoseneanu A, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S. Socioeconomic status and the trajectory of body mass index among older Japanese: a nationwide cohort study of 1987?2006. Journal of Gerontology: Psychological Sciences & Social Sciences. (in press) DOI:10.1093/geronb/gbu183

aaa 37フォロワー

このユーザをブロックする

aaa 37フォロワー

このユーザをブロックする

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です