usericon_noimage

村上 健太郎

滋賀県立大学 人間文化学部 生活栄養学科 准教授 博士(食品栄養科学)

専門分野は、栄養疫学・人間栄養学・食事調査方法論。食習慣が肥満などの健康状態に与える影響、食事調査における測定誤差が疫学研究の結果に与える影響を研究しています。

主な論文
1.Murakami K, Livingstone MBE, Sasaki S, Uenishi K, the Japan Dietetic Students' Study for Nutrition and Biomarkers Group. Ability of self-reported estimates of dietary sodium, potassium, and protein to detect an association with general and abdominal obesity: comparison with the estimates derived from 24-h urinary excretion. Br J Nutr 2015;():99999.
2.Murakami K, Livingstone MBE. Variability in eating frequency in relation to adiposity measures and blood lipid profiles in British children and adolescents: findings from the National Diet and Nutrition Survey. Int J Obes (Lond) 2015;():-.

aaa 42フォロワー

このユーザをブロックする

aaa 42フォロワー

このユーザをブロックする

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です