14494684818302b153f29e05ae1da7495c5bf8f38f

渡邊亮

神奈川県立保健福祉大学ヘルスイノベーションスクール設置準備担当 

オハイオ大学(医療管理学専攻)卒業後、クリーブランド・クリニックでビジネスインターンを経験。帰国後、外資系病院コンサルティング会社に約4年間勤務した後、東京大学大学院医学研究科公共健康医学専攻に進学、臨床疫学・経済学分野に在籍し、医療アクセスの公平性をテーマとして研究を行った。2011年に同専攻を修了、公衆衛生学修士(M.P.H.)を取得。2012年より一橋大学大学院博士後期課程に進学、医療における管理会計、特に医療機関におけるバランスト・スコアカード(BSC)の活用をテーマとして2015年3月に同課程を修了、博士(商学)を取得。東京医科大学、神奈川県庁を経て現職に至る。現在は、医療情報を活用した医療経済・経営研究を行っている。医療情報技師。

主な論文
1.Watanabe, R., Hashimoto, H..(2012). Horizontal inequity in healthcare access under the universal coverage in Japan; 1986–2007. Social Science & Medicine, Available online 2 July 2012, ISSN 0277-9536, 10.1016/j.socscimed.2012.06.006.
2.Ikegami, N., Yoo, B. K., Hashimoto, H., Matsumoto, M., Ogata, H., Babazono, A., Watanabe, R., et al.(2011). Japanese universal health coverage: evolution, achievements, and challenges. The Lancet, 378(9796), 1106-1115.http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(11)60828-3.
3.荒井 耕, 渡邊 亮, 阪口 博政.(2013). DPC関連病院における管理会計の活用状況. 産業經理, 73(3), 77-89.
4.渡邊 亮, 荒井 耕, 阪口 博政.(2015). 医療機関におけるバランスト・スコアカードの活用状況. メルコ管理会計研究, 7(2), (in print)

aaa 38フォロワー

このユーザをブロックする

aaa 38フォロワー

このユーザをブロックする

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です