14494684818302b153f29e05ae1da7495c5bf8f38f

渡邊亮

東京医科大学 総合情報部情報システム統括室 大学・大学病院情報システム室 助教 博士(商学) 修士(公衆衛生学)

専門分野は、医療経済学・医療経営学。病院を対象としたコンサルティングファームに勤務後、診療所の経営に携わりつつ、公衆衛生大学院に進学。同大学院では医療経済の研究室に所属し、医療への アクセスに関する公平性について研究をしています。その後博士課程に進学し、医療経営、とりわけ【バランスト・スコアカード(BSC)】と呼ばれるマネジメント・システムが医療機関でどのような効果を発揮しているかについて研究を行っています。(2015年3月現在)

主な論文
1.Watanabe, R., Hashimoto, H..(2012). Horizontal inequity in healthcare access under the universal coverage in Japan; 1986–2007. Social Science & Medicine, Available online 2 July 2012, ISSN 0277-9536, 10.1016/j.socscimed.2012.06.006.
2.Ikegami, N., Yoo, B. K., Hashimoto, H., Matsumoto, M., Ogata, H., Babazono, A., Watanabe, R., et al.(2011). Japanese universal health coverage: evolution, achievements, and challenges. The Lancet, 378(9796), 1106-1115.http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(11)60828-3.
3.荒井 耕, 渡邊 亮, 阪口 博政.(2013). DPC関連病院における管理会計の活用状況. 産業經理, 73(3), 77-89.
4.渡邊 亮, 荒井 耕, 阪口 博政.(2015). 医療機関におけるバランスト・スコアカードの活用状況. メルコ管理会計研究, 7(2), (in print)

aaa 37フォロワー

このユーザをブロックする

aaa 37フォロワー

このユーザをブロックする

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です