usericon_noimage

村上義孝

東邦大学 医学部 社会医学講座 医療統計学分野 教授 博士(保健学)

保健医療分野をフィールドとした統計学の教育・研究に従事しております。保健医療に関わる統計調査は保健統計とよばれていますが、その有効活用、高次利用に関する研究をしております。長年疫学という、疾患の発生頻度や疾患が起こる要因を探求する学問をしており、その範囲は感染症から循環器疾患、環境まで及びます。

主な論文
1.Murakami Y, Ohashi Y. Projected number of diabetic renal disease patients among type I diabetes children in Japan using a Markov model with probabilistic sensitivity analysis. Int J Epidemiol. 30:1078-1083,2001.
Murakami Y, Ueshima H, Okamura T, Kadowaki K, Hozawa A, Kita Y, Hayakawa T, Okayama A and NIPPON DATA 80 research group. Life expectancy among different smoking status in Japanese population –NIPPON DATA80-. J Epidemiol. 17:31-37,2007.
2.Murakami Y, Hozawa A, Okamura T, Ueshima H and EPOCH-JAPAN Reserch Group. Relation of blood pressure and all cause mortality in 180,000 Japanese participants. Pooled analysis of 13 observational cohort studies in Japan. Hypertension. 51:1483-1491,2008.
3.Murakami Y, Miura K, Okamura T, Ueshima H, for the EPOCH-JAPAN Research Group. Population attributable numbers and fractions of deaths due to smoking: A pooled analysis of 180,000 Japanese. Prev Med. 52:60-5,2011.
4.Murakami Y, Okamura T, Nakamura K, Miura K, Ueshima H. The clustering of cardiovascular disease risk factors and their impacts on annual medical expenditure in Japan: community-based cost analysis using Gamma regression models. BMJ Open;3:pii: e002234,2013.

aaa 38フォロワー

このユーザをブロックする

aaa 38フォロワー

このユーザをブロックする

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

会員登録が必要です