カラオケ×ロボット−介護の救世主?第一興商とNTTがシステム実証試験

健康・予防

  • 836
  • 0
  • 0

favicons?domain=newswitch ニュースイッチ 2016.02.15 UPDATE

1455523442K54XOM5xJj

(2016年2月13日 ニュースイッチより) カラオケがロボットとともに介護市場を開拓している。「DAM」の第一興商はNTT、「JOYSOUND」のエクシング(名古屋市瑞穂区)はソフトバンクと組んで、介護施設にロボットカラオケシステムを展開する。歌と体操、クイズを組み合わせ、楽しみながら健康増進を目指す。カラオケはコミュニケーションロボットのキラーコンテンツになり得るか。現場を追った。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 以前も取り上げましたが(http://healthnudge.jp/7367)、今度はカラオケとコミュニケーションロボットを組み合わせた取り組みが始まったようです。

 ロボットと組み合わせることで体操などを取り入れやすくしたりするなど、色々と可能性の幅は広がりそうですね。今後の取り組みやどのように取り組みが広がってくるか、興味深く見守りたいと思います。

 そういえば、私自身は最近カラオケに行ってないですねえ・・・。久しぶりに行こうかな。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です