「朝型」「夜型」の原因は遺伝子にある?:8万9,000人以上の調査結果

睡眠

  • 1,148
  • 4
  • 0

favicons?domain=wired WIRED.jp 2016.02.14 UPDATE

1455327360PfjATetHcE

(2016年2月6日 WIRED.jpより) 8万9,000人以上の遺伝子情報を分析した結果、「朝型」の人々には、15遺伝子の特定部分に共通した特徴があることがわかった。朝型の人は鬱病や不眠症になるリスクが少なく、肥満問題も少ないという。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 元の論文はこちらになります→http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26835600

 あまり疫学ではなじみのないジャーナルなので、元論文読むのは結構きつかったです。ちゃんと意味をつかみとれたかどうかは定かではありませんが、おおむねこの記事の通りです。

 23andMeという会社はアメリカの遺伝子検査の会社で、送られてきたキットで自分の唾液を採取すると各種SNPを分析して数十種類の疾病罹患リスクなどの結果を送付してくれる、というサービスを行っています。2013年にこの検査キットの販売中止をFDAに求められ、今後どうなるかと思っていましたが、2015年には認可され、顧客からの膨大な遺伝子情報を基に創薬に繰り出すなど、最近時折ニュースでも見かけるようになってきました。実はこの会社、Googleが出資していたり、Google創業者の奥様が創業者に名を連ねていたりする企業です。

 この顧客のデータベースからコホートを作成し、今回の研究は行われています。顧客は自分の遺伝情報を調べるくらいですから、かなり健康に興味がある方たちと見受けられますので、調査にも協力的だと考えられ、すごいもの作っちゃったな・・・というのが感想です。

 ちょっと気になるのは、うつの診断が、過去にうつと診断されたことがあるかとだけしか聞かれていない点で、それがいつのことなのか、現在治療中なのかといった情報がない点です。これは睡眠時無呼吸症候群などもそうで、診断されたことがあるかないか、としか聞かれていません。せっかくなのでこの辺もう少し丁寧に聞いてほしかったなと思います。

 また、何度も申し上げていますが、Wiredさんにおかれましてはぜひ元論文の引用をさらに詳しくお願いしたいです。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • usericon_noimage
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です