暴力的なゲームで遊んだ子どもは「攻撃的」になるのか:英国の長期調査

メンタル

  • 1,139
  • 4
  • 0

favicons?domain=wired WIRED.jp 2016.02.12 UPDATE

145526058636yxg1OvGi

(2016年2月10日 WIRED.jpより) 1991年から1992年にかけて生まれた1,800人の子どもに対する長期調査で、8歳のころに暴力的なゲームで遊ぶとその後の攻撃的行動やうつ的な傾向につながる可能性はあるかが分析された。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

記事の元となっている論文はこれですね。無料で読むことができるので、ご興味のある方は是非。→http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26820149

 元論文を読んでみましたが、「弱い関連」と言い切れるかどうかは個人的には微妙な気がしました。ただそれよりも、ゲームをやらない層とやる層の基本特性がかなり異なっているため(男児が多い、母親の最終学歴、妊娠中の婚姻状況など)、補正はしているもののもう少し丁寧に解析してほしいなと思いました。

 また著者らも研究の限界として述べているのですが、シューティングゲームを暴力的なゲームとして扱うことが今の時代にそっているのか、ゲームのプレイ時間がわからないので時間的な影響がわからないなど細かい点で今後も研究が必要なようです。そもそも暴力的なゲームっていったいなんなんだろう?ストリートファイターとかはシューティングゲーム?戦争ごっこ系のゲームはいったい何になるの?最後に引用されているハッキングは果たして行為障害に入るのか?など疑問が尽きず・・・。

 個人的には時間を決めて長い時間やるのでなければそれほど影響はないのかなと、この論文でも言及されている先行研究の結果などを見て思いました。

 そして、Wiredさんにおかれましては、ぜひ記事の元になる論文の引用をお願いしたいですね。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です