朝食抜くと、脳出血リスク3割増

食事

  • 1,872
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2016.02.07 UPDATE

(2016年2月5日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) 朝食を抜くことが多い人は、毎日食べる人に比べて脳出血のリスクが3割以上高まるとの調査結果を、国立がん研究センターなどの研究チームが発表した。

記事全文を読む

14778355472820234ddcab0fc9f6d5b0956459cf2d

田中宏和

東京大学 大学院医学系研究科 医学博士課程 公衆衛生学修士(専門職)

この記事の中では「脳卒中と虚血性心疾患で亡くなった人」の朝食の摂取状況を調べたとも読めるように書かれていますが、この研究では「脳卒中と虚血性心疾患で亡くなった人」だけを分析したわけではありません。

この研究は「前向きコホート研究」と呼ばれる疫学研究です。研究参加者の生活習慣などを研究開始時に調べ(この研究では朝食の摂取状況)、その後の病気の発生を調べます。結果の計算には研究参加者全員のデータが用いられます。

時間とお金がかかる研究方法ではありますが、この研究が示すように、「朝食を食べることが健康に良い(脳出血の予防になる)」という科学的な根拠を示せるとても強力な研究方法です。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です