医の手帳 《風邪:3》 重篤化やインフルエンザとの識別は:朝日新聞デジタル

病気・医療

  • 1,195
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2016.02.02 UPDATE

(2016年1月31日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) 患者自身やその家族の方が、医療機関を受診をすべきかどうかの判断をする場合、まずはどの症状に着目するのが良いでしょうか。受診を考えるべきポイントを列挙してみます。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

今年も流行が本格化してきた、インフルエンザについての記事です。
記事ではいわゆる普通の風邪と、インフルエンザの違いについて述べられ、インフルエンザが疑われる場合はできるだけ早い受診を促しています。
少しだけ補足させていただきたいと思います。
インフルエンザには確かに抗インフルエンザ薬がありますが、インフルエンザだった場合に誰にでも絶対適応になるわけではありません。
・基礎疾患がない人
・乳幼児、妊婦、高齢者ではない人
・呼吸困難、意識障害、胸痛、頻回の嘔吐、など重症化のサインがない人
これらの人は抗インフルエンザ薬の絶対適応ではありません。
病院はこの時期ある意味感染リスクが一番高い場所でもあります。高齢者など重症化のリスクが高い人は、受診したほうが良いですが、
上記のような生来健康な成人は、発熱したら、まず安静にし、しばらく様子をみて良くならなければ受診、というほうが賢い選択だと思います。以前に私がコメントさせていただいた記事でも、熱が出たらまず安静、が呼びかけられています。http://www.asahi.com/articles/SDI201601197397.html?iref=com_apitop
そして、感染予防に基本的な手洗い、うがいを確実に実行しましょう!

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です