毎日の味噌汁でもっと健康に!野菜不足や塩分過多を防ぐ具材3つ

食事

  • 1,027
  • 2
  • 0

favicons?domain=nikkancareism nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム) 2016.01.27 UPDATE

1453817118CFmcXFEyuF

(2016年1月25日 nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム)より) 本格的な寒さが続いていますが、寒い日に味噌汁を飲むと「日本人に生まれて良かったな」と思いませんか? 味噌汁は、具材を工夫することで健康増進に役立てやすいメニュー。内臓を温めて活性化させることもできます。 今回は、冬の健康のために、“味噌汁に加えたい具材”をご紹介します。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

健康のことを考えて野菜を摂る方法として、野菜たっぷりのお味噌汁は手軽でいいですね。
ここで挙げられているもの以外でも、具材の野菜にはわりとどんなものを使っても合いますし、毎日具材を変えれば飽きにくいでしょう。

ただ、気を付けたいのは食塩摂取量が高くなること。
みそ汁の摂取頻度が多い人ほど、食塩摂取量は多いようです。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25876570

具材を多く、汁を少なく、出汁をきかせて、などの工夫はぜひ行いたいものです。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です