ペットと寝るのは是か非か!? ペストをはじめ「人獣共通感染症(ZOONOSIS)」の危険も

睡眠

  • 968
  • 6
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2016.01.07 UPDATE

1452085755sHATGZ0Kco

(2016年1月5日 HEALTH PRESSより) ペットと一緒に寝るのは悪いことではない――。従来の否定論を覆すような研究報告が掲載されたのは米国「Mayo Clinic Poceedings」誌の12月号。アリゾナ州の同クリニック睡眠医学センターのLois Krahn氏らが、成人男女150人(=74人が1匹以上のペット飼い主、うち34人が複数ペット組)を対象に、“ペットとの同衾(どうきん)”事情を調査した結論である。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

写真のような光景、ほほえましいですし見ているだけでほっとしますよね。我が家も保護施設経由でやってきた成猫が1匹いますが、一度私の寝相が悪く蹴り飛ばしたみたいで、就寝中は寄ってきてくれません(苦笑)。ですので写真のような光景は夢のまた夢・・・。

 さて、そんな個人的な話はおいておいて、動物と一緒に生きていく上で知っておかなければならないことはこの記事にある通り人畜共通感染症です。代表的なものは狂犬病です。他にもこの記事に書かれているようにいくつも人畜共通感染症があります。これは記事に書かれていることをしっかりと実践することで防げますし、様々な飼育本でも同様のことが言及されています。

 また、しつけの問題も大切ですね。飼い主にとっては従順で可愛い犬・猫でも、知らない人からしてみれば恐怖の対象でしかないかもしれません。しつけがうまくされず、人を襲って射殺された犬のニュースも以前ありましたし、人と動物が共生していく上ではしつけもマナーのうちでしょう。更に災害時にはペットも避難所で生活する可能性があり、そういった緊急時に周囲に迷惑をかけないためにもしつけはとても重要です。

 上記のルールを守り、安眠が妨げられないのであれば、私も一緒に寝たいなあ・・・と思うのですが、前述のとおりうちのお猫様は寄ってきてくれないので難しいでしょうね。

 ちなみに、狂犬病を人間が発症すると治療法はなく、死亡率はほぼ100%です、しかしこれは犬への予防接種で防げますし、予防接種は犬を飼う上で法律上必須事項です(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/10.html)。予防接種を受けていない場合は罰金や、愛犬自体が捕獲・拘留対象になるので、未接種の犬は即摂取に行きましょう。日本は狂犬病清浄国ではありますが、海外や野生動物経由でいつどのように愛犬が感染するかわかりません。愛犬のためにもご家族・ご近所のためにもしっかり法律は守ってください。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 14741099177b99b8ce4af10d6cdadb0e76f03de459

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です