箱根駅伝、青学躍進の陰に“理詰め”の体幹トレーニング【前編】

スポーツ

  • 2,481
  • 11
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2016.01.06 UPDATE

1451991876ic8FVYljus

(2016年1月1日 日経Gooday(グッデイ)より) 7年連続、通算20回の出場、最高順位5位。それが青山学院大学駅伝チームの箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)における2014年までの成績だった。ところが2015年の大会では、誰もが予想していなかった歴代記録を大幅に塗り替える成績で、創部96年目にして往路復路ともに制して初の総合優勝を果たした。2016年の大会でも優勝候補の呼び声が高い青学の大躍進の秘密を、トレーニングの一端を担ったフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏に聞いた。併せて一般ランナーもぜひ取り入れたい、最先端のエクササイズの一部を紹介する。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

今年の箱根駅伝、青山学院大学の連覇でしたね。この記事では、その青山学院大学を支えるフィジカルトレーナーの方の話が紹介されています。理詰めの体幹トレーニングによって、故障者の数が減り、競技能力が向上した、とのことです。

ヘルスナッジ的に解釈すると、この記事の内容は、フィジカルトレーナーによる「専門家の意見」であり、科学的に検証された結果ではありません。したがって、本当に体幹トレーニングによって故障者が減少したのか、本当に体幹トレーニングによって競技能力が向上したのか、という点は定かではありません。

これを「科学的に検証」するためには、箱根駅伝出場を狙う20チームを10チームずつ2群に分け、一方には体幹トレーニングを指導し、一方には従来のトレーニングを指導します。1年後または2年後に、故障者の数や競技能力を評価することで、体幹トレーニングの有効性を検証することができます(これをクラスターランダム化比較試験といいます)。

このような「科学的な検証」が必要かどうかは分かりませんが、「エビデンス」が必要なときは、このようにして研究をおこなっていきます。

  • 11
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • usericon_noimage
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1452433707jcnHpN9YWX
  • usericon_noimage
  • 1427383058989139d820385abdb4fe0bf8a1c032ad

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です