肥満、糖尿病対策で再評価…花の都で「1日1万歩」

健康・予防

  • 1,386
  • 7
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.12.28 UPDATE

1450951362iXbVBtxTHD

(2015年12月23日 yomiDr(読売新聞)より) パリは日が落ちるのが早くなり、夕方6時にもなると、すっかり暗くなってしまう。最近は雨も多く、何となくウォーキングを中止している。運動不足解消のために始めた1時間の帰宅ウォーキングは、健康にも良さそうだし、体重減少や体形の変化など確かに良い兆候は見られたが、やめると途端に運動量が減り、元の状態に戻ってしまった。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

フランス・パリ在住の方の記事です。パリの街は景色が美しく、歩くだけでも楽しいそうです。実際、景観の良さが余暇時間の歩行に影響を与えることが報告されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20472982

しかしながら、テロ以降、ランニングする人の姿が少し減ってしまったとのこと。最近はその数も戻りつつあるようですが、犯罪が多い地域では、ウォーキングする人が少なかったり、肥満の人が多かったりすることが報告されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24552845
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25982214

街の環境が、人を歩かせることもあれば、歩かなくさせることもあります。個人の努力だけでは限界があります。自然と歩きたくなるような街づくりが、日本全国、そして世界中で進むことを祈念しています。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です