われわれが死んだ後、「本当はタバコはよかったのに」といわれることが必ず起きるとぼくは確信しています。

健康・予防

  • 2,882
  • 12
  • 0

favicons?domain=gendai.ismedia 倶楽部SHIMAJI | 現代ビジネス [講談社] 2015.12.24 UPDATE

1450928163sWJxFaJrsE

(2015年12月16日 倶楽部SHIMAJI | 現代ビジネス [講談社]より)黒鉄:あれ、立木さんはタバコをやめられたんですか? 立木:そんなもん、とっくの昔にやめました。 黒鉄:立木さん、お願いです、是非また吸ってください。 立木:お願いされてタバコを吸うって、新しいかもね。 黒鉄:ニコチンを摂取しているとアルツハイマーから逃れられるんです。 シマジ:その通りです。伊勢丹のバーにいらっしゃるドクターのお客さまはみんな葉巻を吸っていますよ。 立木:そういうよね。いや、別に無理してやめたんじゃないのよ。ある日、喉が痛くて2日ぐらいタバコを控えていたら、そのまま吸わなくて平気になっちゃったわけ。周りからは「裏切り者!」っていわれたけどね。 シマジ:タッチャンは紙巻きタバコも葉巻もパイプもやっていましたよね。 立木:吸っていたころはひと通り全部やったね。 黒鉄:本心から申しあげますが、立木さん、これは悪いススメではありません。医学的に認知症防止にいいことが分かっているんです。ニコチンが脳のなかのニューロンをつなげてくれることが。われわれが死んだ後、「本当はタバコはよかったのに」といわれることが必ず起きるとぼくは確信しています。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 ニコチンと神経細胞の再生については金沢大学のこちらのプレスリリースの研究(http://www.p.kanazawa-u.ac.jp/research/digest/20101224.html)からだと思われますが、この研究を発表した研究者らも、たばこからのニコチン摂取はデメリットの方がはるかに大きいとしっかりとプレスリリースにも記載してあります。

 また、HealthNudgeで多くの先生方がコメントしているように、喫煙は様々な疾患リスクを上げることがわかっていますので、本当はたばこがよかった、なんて言われる日は来ないと思いますし、むしろ本当は思っていたよりもたばこの害は大きなものだった、と言われるんじゃないかなーと思います。

  • 12
  • /
  • 専門家のいいね!9
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 1435675097555f1e227c312358b7e68aa871d84c1d
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です