離島医療から生まれた“究極のダイエット”~MEC食と噛むだけダイエット

ダイエット

  • 2,535
  • 3
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2016.03.23 UPDATE

1450435460CLaqJ8W3Nv

(2015年12月18日 HEALTH PRESSより) “健康長寿の島”から“メタボ島”と言われる沖縄。沖縄県は働き盛りの死亡率が全国的に高く、急性心筋梗塞や脳血管疾患で死亡する人が多い。生活習慣病のリスクを高める「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」該当者と予備軍を合わせると、男女とも40代以上で全国平均を上回っている。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

沖縄県の医師による「究極のダイエット」法の紹介です。MEC食という、肉:Meat、卵:Egg、チーズ:Cheeseをたっぷり食べて炭水化物を控える。ひと口30回噛む。この2つを実践するだけだそうです。また、「肉を食べたら太る」や「運動が不可欠」は間違い、と断言されています。しかし、科学的な研究に基づく主張ではなく、ご自身のクリニックでの実践に基づく、いわゆる「専門家の意見」ですので、エビデンスレベルは「低い」と判断されます。

肉:Meat、卵:Egg、チーズ:Cheese、確かに栄養価は高いですが、食べ過ぎには注意が必要です。運動が不可欠、とまでは言いませんが、やはり運動も重要です。まったく間違った意見ではありませんが、ちょっと言い過ぎだと思います。

ちなみに、最近の研究で、低炭水化物ダイエットは低脂質ダイエットよりも、少し減量効果が高いことが示されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26527511
とはいえ、その差はわずかに1.15kg。「絶対に低炭水化物がいい!」というほどの差ではありません。この論文についての横林先生のナッジも参考にしてください。
http://healthnudge.jp/8579

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です