北京の大気汚染、また「赤色警報」

健康・予防

  • 851
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.12.22 UPDATE

(2015年12月18日 yomiDr(読売新聞)より) 北京市政府は19日から深刻な大気汚染が予想されるとして、最も厳しい「赤色警報」を18日、発令した。北京市で赤色警報発令に伴う緊急措置の実施は、今月8~10日に続き2回目。今回の発令で、19~22日の4日間にわたって車両をほぼ半減させる厳しい通行規制や、工場の稼働停止などの緊急措置を取る。

記事全文を読む

1447395394abc6e563a9f5b1a6ead1f3eecf05dfd5

大西一成

山梨大学大学院総合研究部附属出生コホート研究センター 特任准教授  博士(医学) 環境疫学 公衆衛生学

先日についで、2回目の赤色警報が北京で出たというニュースです。
大気汚染に対する中国の警報は「青」「黄」「オレンジ」「赤」の4段階からなり、2013年に北京のアメリカ大使館がPM2.5値を公表し、大気汚染の問題が認識されてから導入された。
最高の赤色警報は、深刻な汚染が72時間以上続くと予測される場合に出される。
 北京の、PM2.5の数値は酷いときは、吐き出したタバコの副流煙と同じ程度の1立方メートルあたり1000マイクロ・グラムを超えており、WHO推奨上限(25マイクロ・グラム)の約40倍を記録している。
さらに、今年の11月30日は、最高から2番目の「オレンジ」警報が出ている。この日は、1立方メートル当たり1400マイクログラムのPM2.5濃度を記録していた。しかし、赤色警報ではなかったために、学校は休校しなかった。

この度、赤色警報が出た日のPM2.5の汚染濃度は1立方メートルあたり200マイクロ・グラム前後で、WHO推奨上限10倍以下である。
 さきに説明した通り、この赤色警報は、PM2.5の最大値のみで出されるものではないため、3日間続くと予測されない場合は、出さなくてもいいのである。(11月30日が赤色警報でなかったことは正当化される)
それにもかかわらず、今回、再び赤色警報が出されたことには、北京に住んでいる人たちの批判が日に日に高まっているということが想定される。


 ただ、ここで忘れてはならないことは、日本のPM2.5の環境基準値は、1立方メートルあたり35マイクロ・グラムであり、70マイクロ・グラムを超える際には、行動を制約する注意喚起がされる。
 
 今回、赤色警報によって中国当局がとった行動は、
・一般の車両の通行を半分程度まで減らす。(排出を減らす対策)
・工場の操業を停止。(排出を減らす対策)
・学校を休校(子供への曝露を防ぐ)
・外の工事を停止(労働者への曝露を防ぐ)

高まる市民の圧力から逃れるための一時しのぎの対策ではなく、長期的な対策が必要である。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です