微量の血液でがん遺伝子60種を解析 国立がん研

病気・医療

  • 978
  • 6
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2015.12.22 UPDATE

(2015年12月18日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) わずかな血液でがんに関連する60種類の遺伝子異常をまとめて調べる新手法を開発したと、国立がん研究センターのチームが16日発表した。これだけ多くの遺伝子異常を調べるにはがん組織を取り出す必要があったが、新手法なら体に負担をかけずに繰り返し検査できる。一人ひとりのがんの進み方に合った薬の選択につながる成果だという。

記事全文を読む

14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

松尾恵太郎

愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部 部長 医師 博士(医学) 疫学修士 日本疫学会 理事

がん細胞から血液中にでてくるDNAを元に、がん細胞でよく見られる遺伝子の異常を、効率的に検査する方法を国立がん研究センターが膵臓がん向けに開発した、という記事である。

がん細胞は元々は正常であった遺伝子に異常が入っており、本記事で紹介されているのは膵臓がんに関する話であるが、様々ながんを通じて共通の遺伝子の異常が認められる。通常は、手術などにより実際のがんの組織を取ってきて調べる必要があったものを、血液で一気に調べられるようにした、というのが新しい。

現在、遺伝子の異常の種類によって薬剤を使いわける時代に入っており、そういう意味で本検査法がなし得ることは、患者さんの体への負担の軽減という意味で有効であろう。今後実用化に向けてさらなる開発が進むであろう。

勘違いしないで頂きたいのだが、あくまでがんがあると分かった方で、それからさらに治療法を選択するために必要な検査であって、がんを見つけるための検査では無い、

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です