血液製剤不正、40年前から 第三者委「組織的隠蔽」

病気・医療

  • 1,357
  • 7
  • 1

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル 2015.12.04 UPDATE

(2015年12月3日 朝日新聞デジタルより) 血液製剤やワクチンの国内有力メーカー「化学及(および)血清療法研究所」(化血研、熊本市)が国の承認と異なる方法で製品をつくっていた問題があり、化血研は2日、第三者委員会の報告書を公表した。報告書は、不正は40年以上前から始まり、血液製剤12製品すべてで行われ、虚偽の製造記録を作成するなどして組織的に発覚を免れていたと認定。「常軌を逸した隠蔽(いんぺい)体質」と批判した。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

大変悲しく、陰鬱な気分なりました。

以下は感想のようなコメントになってしまいますが・・・

このニュースを聞いたとき一瞬耳を疑いました。ずいぶん前の事件のことを振り返った報道なのかと思ったら、今まさに明らかになった事実なのですね。

薬害エイズ事件は、製薬企業の情報隠ぺい等により血友病患者さんたちがHIV感染の危険のある血液製剤の使用を中止しなかったために、国内に当時約5000人いた血友病患者さんのうち約2000人もがHIVに感染してしまったという事件です。化血研はその被告製薬企業5社の一つです。

十分反省し、クリーンな経営がてっきり行われているのかと思っていましたが、今も同じような体制のままだったとは。

しかも、隠ぺい工作が本格化した97年というのは薬害エイズ訴訟が結審した年です。そこから隠ぺい工作をはじめた、ということは、事件を反省して構造改革をしようという意図がなかったことを意味しています。

薬害エイズ事件の原告の皆さんはさぞお怒りのことと思います。

法による裁きが下っても犯罪を生む組織構造を変えられないとすれば、どうやって今後このような構造的な健康被害を防止していけばいいのでしょうか。頭の中がまだ白いままです。

私見ですが、化血研は今も多くのワクチンや抗がん剤などを製造・販売している製薬会社です。法の裁きで改善しないのであれば、解散するしかないのかな、と思います。

メディアはセンセーショナルな報道をするだけではなく、じっくり取材して解決の糸口づくりに貢献していただきたい。

また、薬害エイズ事件の被害者・原告で現在参議院議員としてご活躍の川田龍平さんをはじめ、政治の立場からもしっかりと検討していただきたいです。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です