「最強生物」クマムシ、衝撃のDNA構成が判明

病気・医療

  • 1,444
  • 7
  • 2

favicons?domain=natgeo.nikkeibp.co ナショナルジオグラフィック日本版サイト 2015.12.03 UPDATE

1449123032qGYdBeVMFG

(2015年12月2日 ナショナルジオグラフィック日本版サイトより) 水生の無脊椎動物であるクマムシは地球上で最もたくましい動物と考えられている。緩歩(かんぽ)動物と総称されるこの小さな生物は、凍えるような寒さや長期の渇水、大量の放射線に耐えられるだけではない。知られている限り、真空でも生き延びられる唯一の動物だ。(参考記事:「宇宙生物学とクマムシと私」)  この目に見えないほど小さな怪物の体は何でできているのだろう? クマムシは存在自体が驚きだが、この疑問の答えも衝撃的だ。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 クマムシという不思議な生物をご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

 私は7年ほど前、とある科学イベントの企画・運営に関わった際にいきもの大好きな友人が取り上げたのが菊花でその存在を知りました。休眠状態に入ったクマムシは、長期間の乾燥状態だけでなく、大量の放射線にも耐えられますし、知られている限り、真空で生き残ることができる唯一の生物と言われています。その無敵さから「宇宙から来たのでは!?」と言われるほどでしたが、細菌や植物などのさまざまな種類の生物から遺伝子を取り込んでいたことがわかりました。

 今回の研究結果は遺伝子解析の結果ですが、この結果がいつか様々な分野に応用されて、人間も宇宙服なしに宇宙空間に出ることができるようにもなるかもしれませんね!

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1432885578201d659b7d06ef2faacd52747df07eec
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • 14405493071lCEBFcVAn
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です