他人がまき散らすストレスに“感染”しない4つの方法 | HBR.ORG翻訳リーダーシップ記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

メンタル

  • 2,129
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.dhbr Harvard Business Review 2015.12.02 UPDATE

(2015年12月02日 Harvard Business Reviewより)負の感情やストレスは、まるで副流煙のように周囲の人々へと伝わる。他者のストレスに自分が感染すれば、パフォーマンスに悪影響が及ぶ。この「セカンドハンド・ストレス」の原理と予防法を、ポジティブ心理学の第一人者が示す。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 喫煙でも副流煙被害を「セカンドハンド」といいますが、ストレスにもそういういい方があるんですね。

 この記事では、他人の負の感情などが自分のパフォーマンスにも影響することとその対処法について論文を例示しながら述べられています。対処法は、1.ストレスの捉え方を変える、2.会話をポジティブな言葉で始める、3.自己肯定感を持つ、4.予防接種をする(例:仕事を始める前その日に感謝すべきことを3つ思い浮かべる)の4点が挙げられています。ポジティブ心理学はまだ研究がそれほど多くない分野ですので、論文ではなく本で示されているものもありますが、どれも興味深いですね。

 私も、どうも怒りやすいのか当たりやすいのかイライラした人から八つ当たりされることが結構多く、更に自分自身が他人のちょっとした言動で感情が上下することが多いので、この4つ実践するようにしてみようかなと思いました。

 また、自分自身の心の持ちようだけではなく、自分自身の態度や言動が、実は周りの人間をハッピーにもアンハッピーにもし、パフォーマンスに影響を及ぼしていることは忘れてはいけないですね。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です