子供の肥満と喫煙

健康・予防

  • 1,324
  • 7
  • 0

favicons?domain=news.harvard HAEVARD gazette 2015.12.01 UPDATE

1448971649ZpO1iZSWr5

(2015年11月25日 HAEVARD gazette 概要を日本語で要約) 米国の肥満率は34%で徐々に増えている(ただし子供の肥満率は横ばいになりつつある)。喫煙率は16.8%で前の年より1%減少している。たばこは百害あって一利なしなので規制しやすいが、肥満に関しては生きるために必要な食べるものなので規制が難しい。

記事全文を読む

1438741314577b0d25502ecafd5b05d9cffabe0784

横林賢一

ハーバード公衆衛生大学院/広島大学病院 総合内科・総合診療科 医師(家庭医療専門医、在宅医療専門医 ) 医学博士

米国では、たばこ税、たばこ広告の禁止、屋内外での喫煙規制など、たばこに関しては様々な規制がなされています。収入が少ない層で喫煙率が高いこともあり、たばこ税が特に有用だとと言われてていますが、同じくらい有用、いや重要なのは教育だと思います。子供の肥満率が横ばいになってきているのも、教育の成果だと言われています。

日本でも子供の肥満率の増加が問題になっています。肥満の子供は高い確率で大人になっても肥満になり、高血圧や糖尿病を発症しやすくなり、結果、脳卒中や心筋梗塞に苦しむことになります。食生活も運動習慣も喫煙も、子供のころからの家庭と学校での教育がとても重要だと思います。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です