大腸がん、アスピリンで予防…7千人臨床試験

健康・予防

  • 972
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.11.30 UPDATE

1448877079dCCaASYQTe

(2015年11月30日 yomiDr(読売新聞)より) 解熱鎮痛薬として知られる「アスピリン」の大腸がん予防効果を確かめる7000人規模の臨床試験を、国立がん研究センター(東京都)や大阪府立成人病センターなどのチームが始めた。数百人規模の研究ではすでに確認されている効果をさらに詳しく調べて予防法の確立を目指す。研究チームによると、別の病気の治療に使う薬でがんを予防する試みは初めて。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雜賀智也

医学出版社勤務編集者、薬剤師、メディカルライター MPH

大腸がんがアスピリンで予防できるかもしれない、
それを検証するための臨床試験が開始したことを紹介する記事です。

大腸がんは、年々患者数が増加しています。
アスピリンは古くから使われていて廉価なので、
もし、廉価なアスピリンで予防できれば、医療経済的なメリットが期待できます。

今回の臨床試験前に、大腸ポリープを内視鏡的摘除した患者さん311例を対象とした研究で、
ポリープの再発が約40%減少することが「GUT」という国際誌で報告されました。
無作為化比較試験という信頼できる方法で研究され、アジア初の成果だそうです。

http://gut.bmj.com/content/early/2014/01/30/gutjnl-2013-305827.full

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です