【変身プロジェクト】2日でやせる! 心のイライラも減る「脱糖ダイエット」

ダイエット

  • 1,150
  • 7
  • 1

favicons?domain=wol.nikkeibp.co 日経ウーマンオンライン 2015.11.26 UPDATE

1448442649H7c9n65CoJ

(2015年11月24日 日経ウーマンオンラインより) イルミネーションがぼちぼち点灯し始め、街はクリスマスモードに。1カ月後のパーティーナイトでひときわ目立つためにも、ここはキレイの頑張りどころ。って、そもそもパーティーにお呼ばれしてないんですけどね(苦笑)。予定すっからかんのクリスマス2015。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

2-3日でやせる「脱糖ダイエット」についての記事です。低炭水化物ダイエットは海外でもよく用いられている方法ですが、極端な「脱糖」は低血糖を招き、ときに危険な状態になる可能性がゼロではないので、適度に糖質(炭水化物)を減らす方が安全です。記事の中で、頭がボーッとする、異常な眠気、朝動けない、などの状態が紹介されていますが、いずれも低血糖の症状で、できれば避けたいところです。

一方、「体の調子は悪くはないのに、そんなに食べたいと思わない」、「少しの量でお腹いっぱい」、「翌朝胃がもたれていない」、「お腹がすいて朝起きる」といった状態は、「脱糖」に限らず、摂取エネルギー量を抑えて、「消費エネルギー量>>摂取エネルギー量」の関係が作れれば実感できるもので、うまく体重管理するためには重要な感覚です。例えば、コンビニのおにぎりを2個食べる人は、試しに1個に抑えてみてください。3食、同じような感じで減らしてみると、意外と難なく1日を過ごすことができ、気持ちよく朝を迎えられると思いますよ。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 低糖質ダイエットならぬ、「脱糖ダイエット」\(゜ロ\)(/ロ゜)/

    栄養相談の時に対象者の方から言われそうなので、チェックしておきます!

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です