日本の糖尿病人口、世界ワースト9に―国際糖尿病連合調べ

健康・予防

  • 1,507
  • 8
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.11.24 UPDATE

1448351307kF9Nv10rLm

(2015年11月24日 yomiDr(読売新聞)より) 国際糖尿病連合(IDF)は11月14日の世界糖尿病デーに合わせ,世界の糖尿病の患者数や医療費などをまとめた「糖尿病アトラス第7版」の概要版を発表した。それによると、2015年の世界の糖尿病患者(20~79歳)は4億1,500万人で,昨年の3億8,700万人から2,830万人増加。国別のワーストランキングでは、日本が前回調査の10位から9位に上昇した。なお、アトラスの全文(英語版)は12月1日に公開予定としている。

記事全文を読む

14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76

尾瀬功

愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 主任研究員 医師 博士(医学)

国際糖尿病連合の発表した糖尿病アトラス第7版によると、日本の糖尿病人口は世界で9番目に多いとのことです。
元データはこちらです(英語)。
https://www.idf.org/sites/default/files/Atlas-poster-2014_EN.pdf
この推計では世界の成人の12人に1人は糖尿病とされています。(記事では11人に1人となっていますが、誤りでしょう)日本だけでなく世界での健康上の大問題であり、今以上に予防、早期発見、治療を進める必要があります。

ところで、記事中では糖尿病の多い国として、順に中国、インド、アメリカ、ブラジル、ロシア、メキシコ、インドネシア、エジプト、日本、バングラデシュが挙げられています。一般的に糖尿病は先進国で多いといわれていますが、この国の並びをみて気がつくことはありませんか?実は、国別人口ランキングと高い相関があります。
元データにある国の人口に占める糖尿病患者数の割合をみると、1位の中国(人口も1位)では9.3%、2位のインド(人口も2位)では8.6%と、世界平均(8.3%)とあまり変わりません。日本では7.6%と平均よりむしろ低いぐらいですが、9位になっているのは人口も世界で10位と多いためでしょう。逆に北中米の国々は10%を超える国がほとんどです。アジアの国々は欧米に比べて人口自体が大きいので、「数」のランキングでは上位にきますが、「割合」のランキングにすると全く違う姿が見えてきます。
こうしたデータを見るときには数と割合を常に比較しないと真実の姿は見えてきません。数か割合のどちらか片方のみを使った説明を見かけたときは、もう一方がどうなっているかを意識してみてください。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 1436232346ECA43gVlg5
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です