サプリメントの害による救急受診が急増

病気・医療

  • 2,989
  • 8
  • 0

favicons?domain=www.health.harvard Harvard Health Publication 2015.11.22 UPDATE

1448204300DsE6ghOp0I

(2015年10月15日 Harvard Health Publication 概要を日本語で要約 ) サプリメント等の副作用によるER(救急外来)受診者が増えている。米国では毎年2万3千人が受診。平均年齢は32歳。女性の受診理由の上位のものはやせ薬で、男性は精力増強剤や筋肉増強剤。大人だけじゃなく子供も問題になっていて、4歳以下の子供の内服によるアレルギーや消化器症状(嘔吐、腹痛)での受診もある。65歳以上の高齢者は入院が必要になることも多い。

記事全文を読む

1438741314577b0d25502ecafd5b05d9cffabe0784

横林賢一

ハーバード公衆衛生大学院/広島大学病院 総合内科・総合診療科 医師(家庭医療専門医、在宅医療専門医 ) 医学博士

確かにアメリカのドラッグストアには山のようにサプリメントが売ってあります。某先生の言葉をかりると「アメリカ人は健康に関心があるのに不健康なものを食べ続ける人たち」なんだそうで(そうではない人たちも、もちろんたくさんいます)、肉やポテトを山ほど食べてサプリメントで栄養補給をしようとしている人も多いそうです。
救急外来を受診する羽目になった上位のサプリメントランキングをみても「やせたい」「精力を高めたい」「筋肉ムキムキになりたい」など個人の欲求を満たすための薬が多いですね。サプリメントなどを試したくなったら、まず「自分の欲求を満たすための薬か否か」を自問自答し、yesであれば自分がサプリメント会社のマーケットの対象になっていると考えたほうがいいように思います。noであっても、内服すべきかにつきかかりつけ医など医療関係者に確認したほうが良いと思います。 

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1448208184BdmZn65vSt
  • usericon_noimage
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です