日本食を食べると精神状態が良くなる

食事

  • 2,888
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.health.harvard Harvard Health Publications 2015.11.19 UPDATE

1448006585md73Fza0iy

(2015年11月16日 Harvard Health Publications 概要を日本語で要約) 人間の脳はたとえ寝ているときであっても機能し続けているので、燃料、つまり食べ物が必要である。良質な食べ物は脳を良好に機能させ、体だけではなく精神面にも良い影響を与える。例えば、日本の伝統的な食事(野菜、果物、加工されていない穀物、魚、赤身の肉、乳製品)を食べる人は、典型的な西洋食(加工・精製された食べ物や砂糖)を食べる人に比べて、うつ病のリスクが3割少なくなる。発酵した食べ物も効果的。

記事全文を読む

1438741314577b0d25502ecafd5b05d9cffabe0784

横林賢一

ハーバード公衆衛生大学院/広島大学病院 総合内科・総合診療科 医師(家庭医療専門医、在宅医療専門医 ) 医学博士

渡米して2か月が過ぎましたが、妻が日本料理を毎日作ってくれているおかげで心身ともに良好です(笑)。記事には「とりあえず2,3週間、加工食品や砂糖を減らし、代わりに発酵食品(キムチ、みそ、ピクルス、コンブチャ)を食べてみな。そしたら良い気分になるから」と書いてあります。え?昆布茶?あれって発酵させた食べ物なの?と思って調べてみたら、kombuchaは紅茶キノコっていう全く別物みたいですねー。日本でも手に入るようですが、わざわざ買わなくても、納豆、味噌汁、魚、野菜の煮物など、日本的な食べ物を食べるので十分だと思います。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です