飲み忘れ、服薬中断…「残薬」年間500億円分にも 医療費のムダどうする?

健康・予防

  • 1,516
  • 10
  • 3

favicons?domain=www.sankei 産経ニュース 2015.11.24 UPDATE

(2015年11月18日 産経ニュースより)  自宅に飲み忘れなどの薬が大量にたまる「残薬」。多くの種類の薬を処方されて適切に服用できない人だけでなく、自己判断で薬を中断する人もいる。医療費が無駄になるほか、きちんと服用しないことで症状が悪化し、さらに薬が増えるという悪循環もあり、各地で対策が進められている。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

ウエルシア薬局株式会社 薬剤師 筑波大学 大学院 在学中

自宅に大量にたまる「残薬」についての記事です。

ここでいう残薬とは、処方箋に基づき調剤された薬が、飲み忘れや自己判断での服薬中断により、自宅に多量に残っている状態のことを指しています。

この問題の対策に奈良県大和郡山市では「節薬バッグ」と名付けたバッグを患者に配布し、自宅にあるすべての薬を持ってきてもらうように患者に呼びかける取り組みを行っている、という内容です。節薬バッグ、ネーミングもバツグンですね!

薬剤師の皆様は、一度は患者さんの残薬を見て、ため息をついたことがあるはずです。日本は医療費の自己負担割合が少ないこともあり、患者さんの薬に対するコスト意識が低いとよく感じます。薬はタダではありません。

薬剤師は、薬がなぜ余ってしまうのか?を患者さんからよく聞き、適切な処方で、必要な薬を必要な人に、必要なだけいきわたるようするアプローチを強めていかないといけないと思います。また、患者さんのコスト意識に対するアプローチももう少し必要なのかもしれません。

  • 10
  • /
  • 専門家のいいね!6
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • usericon_noimage
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 薬は、最後まで飲まなきゃと思いつつも、ついつい飲み忘れてしまいます^^;

    あとは、記事の本文中にもありましたが、飲みにくいものはどうしても避けてしまいがちです。
    特に、私は漢方薬が苦手なので、1回飲んでやめてしまった事もあります_(._.)_

    そんな苦い経験を活かし、その後は「粉」ではなく、「粒」で処方していただくようにしています。(吸収率は粉の状態に比べて下がってしまうかもしれませんが、飲まないよりかはよいかと思い・・・)

    「薬はタダではない」
    この言葉を忘れないようにします!

    このコメントにいいね!する

    0

  • コメントいただきありがとうございます!
    まずは、本当に無駄な部分がどこなのか、考えてしっかりと薬剤師が仕事をしていきたいと思います!

    このコメントにいいね!する

    1

  • 残薬、我が家にもあります・・・。2週間分ぐらいでしょうか?休日に遅く起きてしまった時など、ついつい飲み忘れてしまうことがある結果、処方量を調整してもらっても常に2週間分くらいの残薬はあります・・・。非常時に医療機関にいけなくなったら・・・と思うと、これくらいの残薬は確保しておきたいなと思ったり。

    とはいえ、この記事の問題はそれとはまた異なる部分だと思いますので、飲み忘れや重複処方を防ぐために薬局などからの積極的なアプローチ、待たれますね。

    このコメントにいいね!する

    2

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です