コーヒーで病気予防

健康・予防

  • 2,456
  • 4
  • 2

favicons?domain=news.harvard HAEVARD gazette 2015.11.17 UPDATE

1447728079NCJBDCMgdC

(2015年9月28日 HAEVARD gazetteより 日本語で概要を要約) コーヒーは、2型糖尿病、心血管疾患(心筋梗塞など)、パーキンソン病の予防に有用。うつ病やいくつかの癌、総死亡率にも良い影響がありそう。遺伝子レベルでコーヒーが糖・脂質代謝と関連があることが分かった。ただ、コーヒーのどの成分が体に良いのかは明らかになっていない。 

記事全文を読む

1438741314577b0d25502ecafd5b05d9cffabe0784

横林賢一

ハーバード公衆衛生大学院/広島大学病院 総合内科・総合診療科 医師(家庭医療専門医、在宅医療専門医 ) 医学博士

コーヒーは体に良いという論文と悪いという論文がありますが、良いと書かれている方が多い印象です。1-2杯がいいとか、4-5杯がいいとか様々。

ノンカフェインのコーヒーでも効果あったりするから、記事に書かれているように何が良いのかよくわかりません('◇')ゞ。コーヒーの成分そのものの効果もあるでしょうが、「ほっと一息つくこと」や「コーヒーを飲みながら人とかかわること」も少なからず影響しているように思います。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です