(地域包括ケア@新潟)我が家で暮らせる介護サービス 阿賀町

病気・医療

  • 1,402
  • 5
  • 0

favicons?domain=apital.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2015.11.17 UPDATE

1447669256fe4siqvUgy

(2015年11月15日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) 高齢者になっても特別養護老人ホームなどの施設に入るのではなく、住み慣れた家で暮らし続けられるようにするため、国が要と位置づける介護サービスが小規模多機能型居宅介護(小規模多機能)。県内でこのサービスを積極的に活用している自治体の一つが阿賀町だ。  午後3時過ぎ、おやつの時間。テーブルを囲んで、高齢者が菓子や果物をほおばる。1人で食べるのが難しい人には、職員が介助をする。テレビには、人気が高い時代劇の再放送が流れている。「小規模多機能ホーム ほたる」(同町九島)ののどかな日常だ。

記事全文を読む

14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394

長谷田 真帆

東京大学大学院 医学系研究科 社会医学専攻 健康教育・社会学分野 博士課程 医師 家庭医療専門医・在宅認定専門医

普段使いの「通い」「訪問」と臨時の「泊まり」のサービスが一体になった小規模多機能。
こじんまりしたアットホームな雰囲気で、自分や家族のことをよく知っていてくれるなじみのスタッフが対応してくれるので、安心して利用できますね。

大勢の中で過ごすことが苦手な方には、特にお勧めの介護保険サービスです。
この町での雇用の促進に繋がったところも、とても良いですね。阿賀町のように、小地域ごとのサービス拡充が期待されますが、今後は質の担保や医療期間との連携も重要なポイントになると思います。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です