カラオケで介護予防…自治体事業、体動かし気持ち前向き

リフレッシュ

  • 638
  • 5
  • 4

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.11.12 UPDATE

1447152758vvQXbuW1OJ

(2015年11月10日 yomiDr(読売新聞)より) 介護予防事業にカラオケを活用する自治体が増えてきた。歌いながら体を動かすプログラムなどで、高齢者の健康増進につなげる。  楽しみながら取り組めるので、自宅にこもりがちな高齢者の外出のきっかけにもなりそうだ。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 生きがいを持つ人は持たない人よりも死亡リスクが低いという研究(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18596247 など)はいくつか発表されていますが、もしかしたら生きがいの内容も、寿命に関わってくるのでしょうか?

 私の大好きな母方の祖母は、90を超えてなお自立して生活しています(最近ようやく要支援認定がおりた!と喜んでいたような・・・?)。そんな祖母の趣味は「民謡」。私が物心ついたときにはすでに始めていましたから、もう30年近くもお稽古に通い、年に1度発表会に出ています。祖母の自宅には立派なトロフィーもあります。

 祖母曰く、「民謡は、歌詞を覚えることで記憶力を鍛えて、歌うことで肺が鍛えて、年に1度の発表会が適度な緊張感と綺麗にする楽しみを与えてくれる」そうで、元気でいる秘訣のひとつとか。このカラオケももしかしたら、歌って呼吸機能を維持し、時には歌の歌詞を覚えることで記憶力を維持し、大勢の前で歌を披露することで緊張感とおしゃれを楽しむことで、介護予防につながるのかもしれませんね。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • 1467500961n13hbvZKtb

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です