女性の中年太りの原因と対処法は?

病気・医療

  • 1,359
  • 11
  • 1

favicons?domain=mocosuku mocosuku 2015.11.02 UPDATE

1446209162RgsGY6tGJ1

(2015年10月30日 mocosukuより) 30代後半あたりから、ボディラインの変化に悩まれている方は多いのではないでしょうか。洋服がきつくなったり、お腹や背中など、今までつかなかったような場所にお肉がついたり…。食事も、そんなに沢山食べているわけじゃないのになんで? ととまどう方も多いのではないでしょうか。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

女性の中年太りの原因と対処法についての医師による解説で、よくまとまっています。
原因として挙げられているのは
基礎代謝の減少:10代で1350kcal⇒30-40代で1140kcal
女性ホルモンの減少:お腹まわりの内臓脂肪がつきやすくなる
対処法として挙げられているのは
食事内容の見直し:標準体重×活動強度で算出
運動によって消費カロリーを増やす

いずれももっともな内容です。基礎代謝については、性別と年齢、体重によって個人差がありますが、歳を重ねるごとに減少していきます。重要なことは、基礎代謝や活動量が減れば、自然と食も細くなるはず、ということです。極端な話、運動部活動をおこなっている子どもと、デスクワークをしている大人とでは、当然のことながら食事量が異なります。活動量が変わらなくても、30代と50代では食事量が減って当然な「はず」なのです。

ところが、「昔からこれくらい食べてたから、これくらいは食べなきゃ」という先入観のようなものがあると、満腹中枢は「もうおなかいっぱい」と言っているにも関わらず、食事をとり続けてしまいます。そうして余計にとったエネルギー量が体脂肪に変換され、からだに蓄積していくのです。

中年太りが気になる方は、一度、先入観を捨てて、自らの満腹中枢の「声」を聞いてみてください。一気に食べずに、少しずつ食べて、いつ「おなかいっぱい」と言うか、聞き耳を立てるのです。すると、思いもよらず早い段階で「おなかいっぱいになったかも」と思えます。そこで食事をやめてみましょう。意外とその程度でも大丈夫であることが分かりますよ。

  • 11
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • 143130910655d2b7963799d3a3941cdde62b3ad021
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 急いで食事をしてしまう事が多いですが、自分との対話、大切ですね。

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です