「99%の医師が抗がん剤を使わない」がん治療のあるべき姿とは

病気・医療

  • 1,308
  • 6
  • 2

favicons?domain=nikkancareism nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム) 2015.10.31 UPDATE

1446108813n85Ghar3Ty

(2015年10月28日 nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム)より) 最近、芸能人のがんに関するニュースが相次ぎました。平成27年1月1日に厚生労働省が発表した「平成26年人口動態統計の年間推計」によると、死因の第1位は悪性新生物(=がん)で、およそ37万人の方がなくなっています。 そんながんの治療法として、広く知られているものの一つに“抗がん剤”があります。しかし、川嶋朗医師の著書『医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか』によれば、「医師の99%が自分や家族のがん治療に抗がん剤は使わない」と答えているのです。 医師はどうやって治療するのか、なぜ使わないと答えたのか。今回は、がんとの向き合い方をご紹介します。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雑賀智也

医学出版社勤務編集者、東京大学 客員研究員、薬剤師、メディカルライター MPH

「医師の99%が自分や家族のがん治療に抗がん剤は使わない」
とてもインパクトがあるタイトルです。

果たして本当なのか。
記事では、調査方法などは明らかにされていませんね。
著書を読めばわかるかもしれませんが。

記事では、がん治療と一括りにされているところが特に気になりました。がんと言っても癌腫によって、治療法や予後は全然異なります。また、ステージによっても異なります。

これらを区別することなく、医師の99%が抗がん剤を使わない、と書いてしまえば勘違いする人も出てくる。必要な人に必要な治療が届かなくなるのはとても問題だと思います。

記事の最期に「後悔なく生きるために、知識を身につけ自分でしっかり考えることが何よりも重要であることを忘れないでください。」とありますが、この記事に対しても言えることだと思います。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a
  • 1429131345XR5ivW3dIQ

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です