ダイエット中の「飲み会」は断るな! ダイエット中でも太らないお酒の飲み方・コツ3つ

食事

  • 1,586
  • 9
  • 1

favicons?domain=woman.mynavi マイナビウーマン 2015.10.28 UPDATE

1445937656CSaX3OgEFi

(2015年10月27日 マイナビウーマンより) ダイエット中に飲み会に誘われると、できればパスしたい!と思う女性も多いのでは? せっかくダイエットが成功しているのに、全部1日で台無しになってしまうこともありますものね。そこで今回は、ダイエット中に飲み会に誘われた場合、女性のみなさんはどのように対応しているのかを調査してみました。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

そろそろ11月。早いところではもう忘年会の準備が始まっています。ダイエット中の方には鬱々となるシーズンですが、「ダイエット中でも太らないお酒の飲み方・コツ3つ」で乗り切ってください。

1. 揚げ物は食べない
⇒とても重要です。糖質は1g=4kcal、たんぱく質も1g=4kcal、脂質は1g=9kcalです。摂取エネルギー量を低く抑えたいのであれば、油ものを控えることがとても有効です。どうしても油ものが食べたいときは、少ない量でガマンするようにしましょう。ちなみに、揚げ物をしたときの吸油量は食材の表面積が大きく、衣が多く、水分が多い食材のときに多くなります。かき揚げやフライドポテトは要注意ですよ!

2. 野菜を食べる
⇒これもとても重要です。だいたい居酒屋系のサラダは味付けも濃いことが多いので、十分つまみになります。野菜だけでは物足りない場合は、脂が少なめな肉や魚を取り入れるのは良いでしょう。シメの麺やごはんは遠慮したほうが良いですね。

3. お酒は飲まない
⇒これができれば良いのですが、ちょっと難しいでしょうね。ウーロンハイだと言い張って、ウーロン茶を飲むのはひとつの手です。難しければ、ビールやカクテルをやめて、ワインや焼酎などのカロリーが低めのお酒を飲むと良いでしょう。お酒の量が増えてしまうと、気が大きくなって、食べる量も増えてしまいがちです。2杯あるいは3杯と上限を決めて、それ以上飲まないようにできると良いですね。

  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 1513578965bdd7e5188a73decf7ea807db9c967af6
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a
  • usericon_noimage
  • 1445267696CwXgWInH3D
  • 1436232346ECA43gVlg5
  • 1434326786qcEsunBYvv
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 忘年会シーズンも間近ですね。3つの事、肝に命じます!

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です