「加工肉1日50グラム、がんリスク18%増」 WHO

食事

  • 1,132
  • 8
  • 0

favicons?domain=apital.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2015.10.29 UPDATE

(2015年10月27日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) 世界保健機関(WHO)は26日、ベーコンやハム、ソーセージなどの加工肉を1日50グラム食べると、結腸や直腸のがんにかかるリスクを18%高める、などとする研究結果を発表した。  この研究は、WHO傘下の国際がん研究機関(IARC、仏リヨン)の作業グループがまとめ、医学専門誌に発表した。加工肉は、IARCの発がん性の基準で、喫煙やアスベストなどと同じ「グループ1」に分類されたが、IARCは「それらが同程度に危険というわけではない。IARCの分類は、リスクの度合いを評価しているというよりは、がんの原因となるものについての科学的証拠の強さを示している」と説明している。

記事全文を読む

14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

松尾恵太郎

愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部 部長 医師 博士(医学) 疫学修士 日本疫学会 理事

WHOの下部機関である国際がん研究機関IARCが加工肉をGroup 1の発癌物質であると判定した、ということを紹介する記事である。

記事では50g加工肉を食べると18%リスクが上がるという書き方をしているが、正確には、1日に50g加工肉が増えるごとに18%増える、ということである。100g余分に食べると1.18の2乗倍、150g余分に食べると1.18の3乗倍のリスクになる、という事である。
(詳しくは元のプレスリリースをhttp://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2015/pdfs/pr240_E.pdf

タバコと同じレベルのGroup 1というところを、「タバコを吸うのと、加工肉を食べるのが同じぐらいの発癌リスクをもたらす」という誤解が無いようにして頂きたい。Group 1に分類されるものは、「発癌性が確実」という観点では同じであるが、それぞれの発癌物質は影響力はそれぞれ異なる。タバコに関しては、人がお店で購入できるものの中でほぼ最強の影響力を持っているのも覚えておく必要があるであろう。

他に有名なGroup 1を上げると、放射能、お酒、アスベストなどがある。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!6
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1432885578201d659b7d06ef2faacd52747df07eec
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です