男性の肥満、生殖能力を下げる

病気・医療

  • 1,294
  • 3
  • 1

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.10.27 UPDATE

1445835582BPLlzWLA3Z

(2015年10月26日 Medエッジより) オーストラリアのアデレード大学を中心とする研究グループが、生殖と胎児に関する専門誌リプロダクティブ・メディシン誌オンライン版で2015年8月10日に報告した。  研究グループによると、母親の肥満が受胎能力や子どもの健康に及ぼす影響については多くの研究があるが、父親の肥満に関しての研究ははるかに少なく、その結果もさまざまだったという。  研究グループは、世界的な学術論文のデータベースから、肥満の男性と生殖能力について調べた30研究を選び、関連性を分析した。

記事全文を読む

1432799497CDDwggmeNF

久保達彦

産業医科大学 医学部 公衆衛生学 講師 医師 博士(医学)

過去に発表された関連論文を再評価した結果、肥満症の男性は不妊を経験する確率が34%高く、人工受精によりパートナーが妊娠した場合も妊娠が中断してしまう確率が3倍近く高かったそうです。

少しショッキングな内容ですが、英文の原典を確認すると、肥満の定義は肥満指数BMIが30以上という論文が多いようでした。日本では通常BMI25が肥満の基準とされ、それをはるかに超える高度肥満の方を対象にした評価結果といえます。数字をそのまま日本人に当てはめると、リスクを過大評価することになるでしょう。

とは言え、男性側の肥満が妊娠に不利に働くのは間違いなさそうです。

妊娠を希望される方は、パートナーと一緒に体重管理にも取り組むとよいでしょう。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1445244289fa3c01795c9b8fbdcaa3c61e8f8a7c67
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です