「徹夜してでも"今日の仕事"は終わらせる」ベテラン刑事が凶悪事件を解決するために実践していたタフな眠り方

睡眠

  • 1,149
  • 7
  • 0

favicons?domain=www.lifehacker ライフハッカー[日本版] 2015.10.26 UPDATE

1445515662U6YIDTIYpU

(2015年10月22日 ライフハッカー[日本版]より) 刑事畑の警察官として、数々の事件を解決してきた橘哲雄さん。1975年に巡査として配属されてから退職するまでの34年間、刑事課や警察署の副署長など、さまざまな部署の第一線で活躍してきた敏腕刑事です。仕事では何日も張り込みをして容疑者を追うことや、凶悪事件の捜査に携わり、ときには命の危険にさらされることもあったそう。そんな過酷な日々の中でも、橘さんが常に最前線で活躍することができた背景には、独自の仕事術と睡眠術がありました。睡眠専門メディア「Fuminners(フミナーズ)」の記事より抜粋してご紹介します。

記事全文を読む

14386546580b9167f55c9a214e9000650fa56bcf11

孫 大輔

東京大学大学院医学系研究科医学教育国際研究センター 講師 医師 家庭医療専門医 総合内科専門医 腎臓内科専門医 博士(医学) 博士(看護学)

刑事さんの睡眠の取り方についての話です。

こういう話はなかなか聞けないのでとても興味深いですね。

橘さんによると「熟睡」と「仮眠」、そして「休憩」の3種類の睡眠をうまく使い分けていたのだとか。

これ、寝る間もないくらい忙しい研修医の睡眠の取り方とよく似ています(笑)。

「寝心地抜群だと寝過ごしてしまうので、ほどよく寝づらい場所を選ぶのがコツ」というところが、何かあればすぐに起きて仕事をしなればならない研修医の仮眠の取り方とよく似ています。

しかし、医学的観点からは、このような睡眠の取り方は健康には良くないでしょうね。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1445244289fa3c01795c9b8fbdcaa3c61e8f8a7c67
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です