ダイエットに挫折はつきもの?“挫折女子”がダイエットを諦めた瞬間とは・・・

ダイエット

  • 1,239
  • 6
  • 0

favicons?domain=www.qlife QLife 2015.10.23 UPDATE

14455155514kv7WofzSU

(2015年10月22日 QLifeより) 食欲の秋もいよいよ本番。だからこそ、気を引き締めてダイエットにも取り組みたい!そんな決意に水を差すような調査結果が。株式会社ボディーズの調査によると、ダイエット経験がある20歳から34歳の女性2,015人のうち、88%もの女性が「ダイエットで挫折した経験がある」ことがわかったのです。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

20歳~34歳の女性2,015人に対して、「過去のダイエットの中で、苦しい瞬間は?」という質問をした結果です。
1. 食欲に負けそうになった時(71%)
2. なかなか結果が出ない時(59%)
3. モチベーションが下がってしまった時(54%)

減量(ダイエット)の基本は、摂取エネルギー量<消費エネルギー量となるように、エネルギー収支バランスを負に傾けることです。意図的にエネルギー不足の状態を作り出すことで、身体に貯蓄されている体脂肪をエネルギーに換えて、体脂肪を減らしながら不足しているエネルギーを補うわけです。このとき、当然のことながら、空腹感を感じます。野菜や水分を多くとったりすることで、多少は空腹感を抑えることができますが、まったく空腹感を感じることがない、というのは稀だと思います。身体についた余計な体脂肪を落とすためには、ある程度の「ガマン」は必要不可欠です。そこを乗り越えて、自分の理想体重を実現させたいですね。

ところで、この調査、20歳から34歳の女性を対象としていますが、本当にダイエットする必要がある方ばかりだったでしょうか?平成25年国民健康・栄養調査の結果によれば、BMI 25以上で肥満と判定される人の割合は、20-29歳の女性で10.7%、30-39歳の女性で13.3%です。一方、BMI 18.5未満のやせと判定される人の割合は、20-29歳の女性で21.5%、30-39歳の女性で17.6%です。この年代の女性については、肥満よりもやせが問題となります。モデルや女優をされている女性の多くが、BMI 18.5未満で、BMI 14-15の方も多いです。仕事柄、仕方ない部分もあるのかもしれませんが、少なくとも一般の女性が目指すべき体型ではありません。適正体重を維持することが何よりも重要です。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です