ちょっと早いですが・・・2016年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測

健康・予防

  • 1,045
  • 1
  • 1

favicons?domain=www.qlife QLife 2015.10.16 UPDATE

14448187292Ah0Taod4e

(2015年10月13日 QLifeより) 日本気象協会は10月7日、2016年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)の飛散予測の第1報を発表しました。  2016年春シーズンは、2015年春と比べて、四国と九州で約1.5倍の飛散数、東海、近畿はやや多く飛ぶと予測しています。一方、関東、中国では前年並み、北海道や東北、北陸ではやや少ない見込みです。また、東京ではほぼ前年並みですが、大阪は2015年春の飛散数が少なかったこともあり、約2倍近くとなる見込みです。

記事全文を読む

1432799497CDDwggmeNF

久保達彦

産業医科大学 医学部 公衆衛生学 講師 医師 博士(医学)

日本気象協会が早くも来年春の花粉飛散予測を発表したそうです。

例年比では、東北地方を除き全国的に例年並みか少ない地域が多いとのこと。但し今年は花粉飛散量が少なめだったため、前年比では前年並みか上回る地域が多いそうです。(引用原典:2016年春の花粉飛散予測(第1報)http://www.jwa.or.jp/news/2015/10/post-000565.html

花粉症は早めの対策によって、より強い治療効果が得られます。今年、つらい思いをされた方はご自身の地域の予想をみておかれてはいかがでしょうか。

おまけですが、気象庁と日本気象協会の違い、皆さんご存じですか?気象庁は官庁のひとつで、日本気象協会は公益法人で報道関係等に対して気象情報を提供して収益を得ているそうです。ついでに気象庁は電話や予約なし来訪での天気に関する相談を受け付けています(日本気象協会は個人の問い合わせには未対応)。気象庁の天気相談所、なんと予報細分域や発表状況の解説までしてくれるそう。お役所のお堅いイメージにそぐわぬサービス。なんだか楽しいサービスですね。

気象庁 天気相談所
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/tenso_index.html

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 14260398913b333fe62184b4ce320d1368e46001e9

この記事へのコメント

  • 春来るの怖いですね……。予報がハズレますように。

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です