スポーツの秋、40歳からの運動再デビュー 注意点は

スポーツ

  • 1,557
  • 4
  • 2

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.10.21 UPDATE

1444297545MpKOjL6X3f

(2015年10月8日 日経Gooday(グッデイ)より) 涼しくなり、運動にもってこいのシーズンになった。ところが、「昔やっていたから大丈夫」などと、いきなり始めて足や膝を痛める中高年は後を絶たない。ほかにも運動しすぎで貧血を招くこともある。ケガなく長続きする「ほどほど」の運動は、どう見つけるのかなど、専門家に聞いた。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

運動の秋、わたしの歩数も日々増加中です。みなさまはいかがですか?一念発起、「久しぶりに運動しよう!」と決意された方は、こちらの記事が参考になるかもしれません。久しぶりに運動される方向けの注意点がまとめられています。

1. 脚に負担が大きい:特に膝にかかる負担が大きいので、軽い運動強度で短い運動時間から始め、様子を見ながら徐々に強い運動強度で長い運動時間へと運動量を増やしていきましょう。特に、以前と比べて体重が重くなっている人は注意が必要です。

2. 運動性の貧血:鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、希釈性貧血があります。鉄欠乏性貧血は、鉄などの赤血球の材料が不足した場合に生じます。溶血性貧血は、足底の毛細血管にかかる衝撃によって、赤血球が壊れやすくなって生じます。希釈性貧血は、循環する血漿の量が増加することによって生じます。予防としては、食事からの鉄の補給、赤血球の合成を助けるタンパク質やビタミンの補給が重要です。ただ、余程の運動量でなければ、それほど気にすることはないと思います。

3. 運動強度の確認:頑張りすぎると障害が生じる可能性が高まります。「程よく頑張る」ために、自分で強度を確認することが重要です。心拍数を使う方法もありますが、オススメは「自覚的運動強度」と呼ばれる方法です。ゆっくり歩けば「楽である」、早歩きすると「やや楽である」、ちょっと走ってみると「ややきつい」、ペースを上げてみると「きつい」と感じたとします。久しぶりに運動する人はとりあえずウォーキングから始めましょう。同じウォーキングでも、ペースを速くしたり、時間を長くしたりすることで、運動量は増えていきます。運動に慣れてきたら、「ややきつい」と感じるジョギングを取り入れていきます。「きつい」と感じたら歩きましょう。歩いたり走ったりを続けていると、徐々にジョギングが継続できるようになっていきます。そうすれば、ジョギングのペースを速くしたり、時間を長くしたりして、さらに運動量を増やすことができます。

久しぶりに運動するときは、ついつい昔のイメージで頑張りすぎてしまうことが多いです。重要なのは、1回の運動量ではなく、いかに継続できるか、です。焦らず、無理せず、楽しみながら運動を継続しましょう。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です