PM2.5が脳の老化に影響

健康・予防

  • 920
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.10.02 UPDATE

1443697552dRzjAdEU8r

(2015年9月30日 Medエッジより) 大気汚染は脳の老化と機能に影響する可能性があるようだ。米国の南カリフォルニア大学ケック医学校の研究グループが、神経分野の国際誌であるアナルズ・オブ・ニューロロジー誌で報告した。同大学が6月に紹介しているもの。  大気汚染が、呼吸器疾患や肺の機能、心臓機能に影響すると知られている。  大気汚染に関連するPM2.5といわれる微粒子は2.5マイクロメートル(マイクロは百万分の1)より小さく、肺や血管に容易に入り込む。

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

PM2.5というと「大気汚染」のイメージですが、タバコの煙も典型的なPM2.5だということをご存知でしょうか。

例えば、自由に喫煙できる居酒屋のPM2.5は、約570µg/㎥で、中国政府が最悪と評したときの北京市の大気とほぼ同じ水準です。そして、この値は、アメリカ環境保護局の基準値で言うと、「緊急事態」です。

また、不完全な分煙の居酒屋の禁煙席のPM2.5は約340µg/㎥で、これもアメリカ環境保護局の基準値で言うと「緊急事態」です。念のためにくり返しますけど、「禁煙席」ですよ。禁煙席が、「緊急事態」なんです。そういう職場で働く人たちは、毎日、緊急事態レベルのPM2.5を吸い込んでいるわけです。

池袋駅東口前にあるような、壁で囲っただけの喫煙所のそばなども、やばいでしょうね。
日本のあちらこちらにPM2.5緊急事態のスポットがあるわけです。

記事の内容から話がそれてすみませんが、日本の場合、PM2.5で問題となるのは、受動喫煙です。
タバコを吸わない人にとっては、迷惑な話ですよね。

こちらに分かりやすいグラフが載っています。
厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-05-005.html

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です