徹夜明けの医者って大丈夫?翌日の治療結果に悪影響なし

メンタル

  • 2,678
  • 7
  • 1

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.09.30 UPDATE

1443533796BdTKe80WV9

(2015年9月11日 Medエッジより) 医者は当直明けで、徹夜のまま次の日の勤務に突入。  そんな話も聞こえるところもある。大丈夫なのかと、カナダで調べたところ、睡眠不足によって翌日の治療結果に悪影響はないと分かった。

記事全文を読む

1432799497CDDwggmeNF

久保達彦

産業医科大学 医学部 公衆衛生学 講師 医師 博士(医学)

カナダからの報告で、深夜も働いた医師が翌日に実施した治療内容を検証した結果、患者にとって悪影響はなかった、という記事です。

ならば大丈夫!。。。というわけにはいきません。日本医師会が実施した調査では、月あたりの当直の回数が多い医師や、当直日の睡眠時間が短い医師では自殺リスク(自殺を考える医師の割合)が高まることが認められています。

患者さんの前ではなんとか踏ん張っていても、医師自身が崩れていってしまう。それは患者さんにとってもマイナスに違いありません。

医療現場の疲弊は想像以上に深刻な状況です。

このような研究の話題では、患者目線のみならず医療スタッフ目線も踏まえて議論していきたいものです。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage
  • 14321976593JHAhAtEyp

この記事へのコメント

  • 同感です。実感としては当直明けは判断力が鈍りますので、どのようなセッティングの医師で調査するかで結果が変わってくる気がします。

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です