ブームが続く「赤身肉」「熟成肉」......人気の影にあるリスクにも注意を

食事

  • 3,424
  • 3
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2015.09.25 UPDATE

1443083559UgTajziiOD

(2015年9月21日 HEALTH PRESSより) 昨年から"赤身肉"ブームが続いている。かつては、牛肉といえば霜降り肉を求める層が多かったが、近年、対照的に比較的安価な赤身肉が注目を集めている。その背景には、「実は肉はGI値が低く太りにくい」というダイエット志向と、一定期間寝かせて旨みが増した「熟成肉」へのグルメ志向がある。  ダイエット面では、まず「L-カルチニン」という体脂肪燃焼効果のある成分が豊富な点が挙げられる。普通に脂の乗ったステーキを食べるよりも、よりダイエット効果が見込めるといわれている。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 以前の赤身肉ブームのニュースでも少し言及しましたが(http://healthnudge.jp/4486)、この記事に書かれているように熟成肉はしっかりと管理されていないと、腐敗のリスクと紙一重です。ましてや素人が手を出すのは大変危険ですので、自宅で肉を熟成させてみよう!とチャレンジするのはやめていただけたらと思います。

 それにしても、熟成肉の定義は決まっていなかったんですね・・・。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1432799497CDDwggmeNF
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です