確実に体重を減らしたいなら「食事日記」をつけてみよう

ダイエット

  • 1,587
  • 2
  • 5

favicons?domain=www.lifehacker ライフハッカー[日本版] 2015.09.18 UPDATE

1442491961KbaFgD2oHU

(2015年9月16日 ライフハッカー[日本版]より) 先週の火曜日の昼食は、牛ひき肉と野菜炒め定食でした。1週間前の食事でも思い出すことができます。毎日食事日記をつけているのですから。食事を記録し、管理すれば、自分の食生活がダメな方向に変わっていっているとしても、すぐに手を打つことができます。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 実はずぼらな私ですが、続く限り食事日記はつけています。以前の記事(http://healthnudge.jp/3689)にも書きましたが、5年ほど前に潰瘍性大腸炎と診断され、主治医に「お腹を壊した食材は食べないようにしてください」と言われたので、どの食材が自分の体に合わないか把握するためにつけ始めました。

 もちろんずぼらなので、時々抜けますが、ここ2年ほど続いています。内容は、大体「ご飯、お味噌汁、豚肉の生姜焼き、大根の煮物」みたいな感じです。

 ・・・・ですがやせるよりも体重が増えたのはなぜでしょうか・・・・?もっと細かくつけた方が良いのでしょうか・・・?先生方、アドバイスをお願いします。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 河合様、実は全く体重の記録どころか、体重を測ってもいないので早いところ体重計を引っ張りださねばと思っているところです。思っているだけじゃダメですよねぇ。

    このコメントにいいね!する

    0

  • これは効果ありそう。

    このコメントにいいね!する

    0

  • 山本様、確かに、そういわれてみればそうなのですが、ことごとく服がボツになるなど、効果がありすぎちゃったみたいですね・・・((+_+))

    中田先生、ご飯の量くらいからはじめてみましょうかね。体重も毎日の測定はさぼっていたので、これを機会に・・・・いや手帳を新しくしてから。。。。?(苦笑)。

    このコメントにいいね!する

    0

  • 食べられるものが分かったのであれば、次のステップとして、目安でもよいので食べた量を記録しましょう。あわせて体重の記録も。どのような食事を続けたときに体重が増えるのかが分かるはずですので、そこから改善点を見出しましょう。もちろん、運動を習慣化すれば、もう少し楽に体重管理できるはずですよ!

    このコメントにいいね!する

    1

  • 潰瘍性大腸炎なのに、太ったということは、モニタリングの効果があったということではないでしょうか?

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です