喫煙よりも「受動喫煙」のほうが危険! 男性では歯周病リスクが3倍以上に!!

健康・予防

  • 1,682
  • 9
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2015.09.18 UPDATE

1442489317W0o9wCVhiG

(2015年9月17日 HEALTH PRESSより)  ご存じの通り日本における喫煙率は年々下がり、今は街中や職場での分煙も進んできた。タバコを吸う人にとっては窮屈な世の中になったが、吸わない人にとっては歓迎だろう。それでもやはり、タバコから立ち上る副流煙や、喫煙者から吐き出される煙を吸ってしまう「受動喫煙」を完全に避けることは難しい。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

男女1164人の歯周病の状況を調べてみたら、タバコを吸わない人よりも吸う人は歯周病を持っている確率が3.3倍高く、さらにタバコを吸わない人でも受動喫煙する機会がある人だと3.6倍と、喫煙者より高い数字になった。という研究の記事です。ネタ元の論文の情報がないのが残念。

受動喫煙を受けている人のほうが、喫煙者より歯ぐきがよくない可能性の理由について、記事では、受動喫煙ではフィルターを通していない煙を吸うからかも、と言っています。喫煙者はフィルター付きのタバコの「少しきれいな」煙を吸う場合がほとんどだから、人のタバコの濃ゆい煙を直接数受動喫煙のほうがよくないという理屈です。

これはあり得ないと思います。確かにこの「受動喫煙の煙のほうがフィルターを通してない分濃い」というのはその通りかもしれませんが、実際喫煙者も自分でくゆらせてる間自分の顔の周りに漂っているナマの煙も無意識ながらしっかりと吸うはずなので、喫煙者のほうが総量として安全な煙を吸っているような状況はあり得ないと思います。

他の理由としては、以下が考えられるなと思います。

1)ただの偶然:1000人ちょっとと小さめの研究ですので、今回統計的に偶然そのような結果が出た
2)受動喫煙を大量にするような環境にいる人は、配慮ある喫煙を楽しんでいるような人よりも社会生活がよくないなど、別の原因で歯周病になりやすくなっているかもしれない。人が自分の煙吸おうが気にしない、というような考えの人と一緒に住んでいれば、他の生活面も色々問題になりそうです。歯周病になりやすい食生活等々があるかもしれません。
3)因果関係の逆転:(ちょっと理解が難しいかもしれませんが)歯周病がひどいほどに全身の具合が悪くなったことが、受動喫煙の状況を作りだしている、ということです。たとえば具合が悪くて自分はタバコは吸えなくなりパートナーだけがやたらとタバコを吸っているような状況です。そういう人が一定の割合いるのであれば、今回関sつされたような「喫煙者よりも受動喫煙者のほうが歯周病が多い」という現象が観察される可能性があります。

以上のようなことがありますので、この研究は「たばこを吸う人も受動喫煙だけの人も、どちらもない人に比べると歯周病を持っている可能性が結構高い(その理由はまだわからない)」くらいにしておくべきと思います。

今後たくさん追加の研究がされると、はっきりしたことがわかってくるかもしれません。

  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!6
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です