「認知症は、とても奥深い病気です」【作家・中島京子さん】:一から学ぶ、認知症

健康・予防

  • 2,191
  • 3
  • 1

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.09.18 UPDATE

14424886715ka2VSc653

(2015年9月17日 日経Gooday(グッデイ)より) 認知症を発症した父親と、その父親を介護する家族を描いた小説『長いお別れ』の著者・中島京子さんは、自身も認知症の父親を、長い年月をかけて見送った経験を持つ。そんな中島さんに、小説のこと、親が認知症になるということについて話を伺った。

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

認知症といっても症状は多岐に亘ります。教科書や専門書で勉強しようとしても、どうしても専門用語と向き合わねばならずとっつきにくい事も多いです(私も何回読んでもすぐ忘れます)。

認知症の方の一例ではありますが、こういう体験談を読んでいるとイメージが湧いてきますし、認知症の方とのやりとりなど、学ぶことも非常に多いですね。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a

この記事へのコメント

  • 久しぶりに会う方が、
    認知症になっていて
    どうやりとりしたら良いのか悩みました

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です